婚活ネットワーク

運営者

お見合い結婚相談所に行って希望条件に合う相手を見つけるのもいいですが、婚活ネットワークを利用する方法もあります。全国の結婚相談所が加盟する婚活ネットワークというものがあります。全国44都道府県にある結婚相談所で、仲人カウンセラーが、成婚につながるお見合いを支援しています。婚活ネットワーク独自のお見合いシステムで、パソコンやスマホを使ってタイムリーに婚活できるのが特長です。普段仕事で忙しい人でも、仕事と婚活の両立がしやすくなっています。このお見合いシステムと結婚を希望する多くの会員、それに、全国の結婚相談所の仲人カウンセラーのおかげで成婚した人が、年々増えてきました。

婚活ネットワークで婚活をする人は、結婚について真剣に考えている人が多く、会員になって活動を始めてから成婚するまでの期間を一年と決めて婚活をする人もいます。早い人は、3ヶ月から半年で成婚してしまう人もいます。連盟独自のお見合いシステムを利用して相手を探すこともできますが、自分にどんな相手がよいのか分からないときは、仲人カウンセラーに頼んで探してもらうこともできます。婚活ネットワークのホームページには、婚活に必要な自分のプロフィール作りや、仲人さんのブログ、成婚者インタビューなどについての記事が載っているので参考に読んでみると良いでしょう。

選ぶ際のポイント

運営者

結婚相談所の利用を考えたとき悩むのが、どこの結婚相談所がいいかということです。数多くある結婚相談所のなかから、料金以外にも、自分に合うところを見つけるためのポイントがあります。ポイント一つ目は、成婚率です。数字の上での結果は、成婚実績が分かりやすいので、しっかり確認しましょう。また、お見合いができたら成婚なのか、それとも結婚が決まったら成婚なのか、成婚の定義についても結婚相談所ごとに確認したほうがよいでしょう。二つ目は、サポートです。毎月の紹介人数、相手の紹介の仕方、担当のカウンセラーといつでも相談は可能なのかなど疑問は尽きません。成婚率に加えてサポートの内容で比較すれば、どこが良いのかより絞り込めます。

相談それと、上記二つのポイントの他に大切なのが、担当のカウンセラーとの相性です。婚活は必ずしも順調にいくとは限りません。例えば、なかなか上手くいかず落ち込んだときに、やさしく、でもはっきりと指摘してくれるようなカウンセラーの方が、自分の為になることだってあります。交際中も、相談に乗ってもらったり、アドバイスをしてもらったりしたいものです。自分にとって話しやすく、相性の良いカウンセラーかどうか、実際に会って確かめましょう。以上のことから、料金面だけではなく、婚活サポートの内容も、自分に合っている結婚相談所を見つけることが大切です。

結婚相談所は3種類

運営者

パソコン結婚相談所はサービスにより、仲人型、データマッチング型、仲人型+データマッチング型の3タイプに分かれます。仲人型では、会員それぞれに担当のカウンセラー(仲人)がつき、会員の希望条件に合う相手を紹介してくれます。婚活中のアドバイスもしてくれ、カウンセラーのフォローが多くなりやすいのが特長です。カウンセラーが男女の間に入って、お見合いや交際の調整なども行ってくれます。異性との交際に関し、積極的になるのがニガテな人に適しているでしょう。

一方、データマッチング型は、自分のプロフィールや希望条件をコンピュータに登録しておいて、自分と相手双方の条件がマッチすることにより合う人が見つかるというサービスです。相手が見つかったら実際に会ってみることになりますが(デート)、仲人さんはいないので、自分で進めていくことになります。これら仲人型とデータマッチング型を組み合わせたタイプが、仲人型+データマッチング型です。まず、自分のプロフィールと希望条件をコンピュータに登録します。登録ができたら、結婚相談所のスタッフが希望条件に見合う人を紹介してくれます。結婚相談所によっては、自分で自由に条件検索することができるところもあります。仲人型のようにお見合いの日程まで調整してくれ、婚活サポート全般を行ってくれます。

結婚相談所とは

運営者

会話昨今、ますます晩婚化が進み、男女共に結婚の平均年齢が上がってきています。独身のなかには、「今、結婚するつもりはない」と、結婚について消極的な考えも少なくありません。また逆に「適当な相手がいない」とか「結婚したいけど出会いがない」など、結婚に前向きなのになかなか結婚ができないという人も多くいます。このように「結婚したいけど、適当な相手がいないので紹介してほしい」という人の要望に応えているのが結婚相談所になります。結婚相談所とは、その名の通り、結婚を考えている人が、自分の条件にマッチするような相手を探す所です。日本全国に数千社以上あり、結婚相手を求める人に対し婚活サポートを行っています。

結婚相談所を利用するには、入会する際に必要な各種書類を提出しなければなりません。各種書類というのは、身分証明書のほかに学歴証明や収入証明などができる書類のことです。この他にも、職に就いているかどうか、独身であるかどうか、身元がはっきりしているかどうかの証明も必要になります。無職、離婚の成立していない既婚者、住所不定だと入会はできません。そう言うのも、結婚相談所も企業なので、サービスを提供する側としての責任があるからです。入会できる条件を設けることで、安心して利用できるフィルターになっています。また、入会の際には費用がかかります。入会金をはじめ、それ以外にも月会費や成婚料などの費用が必要になってきます。結婚相談所によっては高額なところもありますので、入会金、月会費、成婚料など、それぞれの費用をよく確認してから、後悔のないように契約をしましょう。返金制度についても調べておきましょう。

関連リンク<結婚相談所入会:FIORE>